平成23年稽古日誌






23年度稽古日誌
平成23年12月18日
本日は、合気道龍における冬の総合審査でした。当会から2名、2級と2段の審査をうけました。私が受けを取らせていただきましたが、御二人とも気合と威力のこもった技を披露してくださりました。私も疲労困憊となりつつも感無量でありました。応援に来て頂いた方々、審査稽古に携わった方々にもお礼申し上げます。結果はどうであれ、御二人には堂々、胸を張って頂きたいと思います。見明川はまた良い会として成長できたと思
 います。皆さん、お疲れ様でした。

 2級合格されたK関さんと。           出稽古にいらした今回昇段されたYさんも一緒に


平成23年12月10日
本日は、少年2級の審査及び審査稽古を行いました。
2級受験者の藍さんは、稽古の成果を十分に発揮してくれました。細かい点はともかく、稽古を楽しみ継続してきたことで強い芯が出来つつあると感じました。大人の方々の感想も同様でした。
他の受験者の審査稽古は、順調に進んでいます。審査を受けない人達も、自由技を覚えるなど収穫があったようです。来週はいよいよ、安藤先生による、昇級、有段の審査です。私も受けを取ります。皆さん頑張りましょう!

平成23年11月26日
本日も審査稽古です。当会での審査は少し早めの12月10日に行います。
審査稽古は、審査を受ける受けない問わず、特定の技を反復徹底して稽古して苦手な技術を克服していく良い機会です。具体的に目的を定めて稽古している人と、漫然と稽古している人とでは一回の稽古でも充実度が違うのが分かります、、、。稽古に来られている方全員が毎回収穫が得られるよう私も努力します。

平成23年11月5日
実家の宮崎よりミカンがたくさん届きました。稽古後皆さんにたくさん持ち帰りいただきました。冬がそこまで来ていますね。
 本日より審査稽古に入りました。少年初段、一般昇級の審査稽古が中心になりました。有段を受ける方もおられますので、来週からこちらも視野に入れた稽古にしていきたいと思います。
 審査には多くの人が関わってきます。受験される方は、審査を受けるためにどの程度のことを身に付けなくてはいけないかを自分でも研究してみる必要があります。

平成23年10月29日
本日は駒沢にて総合演武大会。
当会の団体演武は、基本技と自由技は練習とおり順調にできました。時間が足りず二人捕りと返し技までは進めませんでしたのは私の構成ミスです、申し訳ありません、、、支部長演武など勉強になることは多かったです。大事なのは徹底した基本のやり込みと受身の稽古と感じました。
とりあえず出場者の皆さん、お疲れ様でした!

平成23年10月22日
本日は見学者の方が来られました。嬉しいことにこのHPを御覧になったそうです。お子さん二人を連れてお母様が来られ、見学と体験をしてもらいました。構え、正座法、本日の基本技である肘締めのさわりを体験してもらいました。子供さん達も面白がって終始笑顔でした。まずは「楽しい、心地よい面白い、」から入って頂くのもいいと思うのです。子供さん達は技を覚えて帰りたがりましたので「入門してくれたらもっとよく覚えられるよ」と少し商売気を出してみました、、、

(ファミリーの部)肩もち肘締め二と肘当て呼吸投げ。どちらも肘をポイントにした技で、地味ですが丁寧に行わないと危険です。しかし相手を崩していく感覚が分かると面白い技です。皆さん上手に出来ていました。

(一般の部)来週に迫った総合演武大会の準備。二組のタイミング合うように意識してみました。自由技がいい感じで皆さん動きが良くなっています。返し技も上手になっています。(私の二人捕りと指導員演武が一番不安だ、、、)では、出場者の皆さん、来週の演武頑張りましょう!
当会の稽古は来週はお休みです。


平成23年10月8日
(ファミリーの部)体の変更Aを伸び伸びと反復練習。してもらい、体の変更呼吸投げを皆さんに稽古してもらいました。いつもは先に基本技をカッチリ稽古してから投げ技に入るのですが、まず伸び伸びと体裁きを行うことから入る今回のやり方も、特に子供達には合っていたと思います。後半は二カ条抑えAを行いました。
(一般の部)演武稽古。基本技6本、自由技3本を通して行いました。今回、当会初の試みの「返し技」。
担当される御二人は戸惑い気味ですが、すぐ面白くなると思います。自由技はいい感じで各組のリズムが合って来ました。

平成23年10月1日
演武会後、最初の稽古でした。皆さん、晴れ晴れとした良いお顔で稽古に取り組まれていました。
ファミリーの部。初心に返り、一か条A、四方投げ@を稽古しました。指導しながら私本人も発見があり収穫でした。振りかぶりと切り下ろしの背筋と胸の張りを強調しました。皆さん丁寧に技を行っていました。
一般の部。後ろ両肩持ち一か条@Aを稽古しました。肩の回転と体を入れ替えたときの相手との位置関係に重点をおきました。

平成23年9月24日
23日、創立10周年記念演武大会。これ以上望めないほど素晴らしい演武会となりました。安藤先生も驚くほど多くの技を披露してくださり、賛助して下さった皆様は、素晴らしい演武を披露してくださいました。会員一同、心よりお礼申し上げます。そして緻密な下準備をしてくださり、頑張って演武してくれました見明川会員皆様、本当にありがとうございます。お疲れ様でした。この日をエネルギー源とし、これからもより良い合気道会として成長し、楽しく稽古していきましょう!。


平成23年9月21日
当会の創立10周年記念演武会が三日後に迫りました。皆さん、稽古に下準備に、本当に力を尽くして下さり頭を絞って下さいました。本当に感謝しています。今回、安藤先生そして他の会からも多くの方が賛助演武をしてくださいます。当会にとっても良い刺激になると思います。皆さん、活力ある良い演武会にしましょう。

平成23年9月19日
本日も祭日であるにも関わらず、演武会の模擬演習ということで、ほとんどの会員さんが集まってくれました。シュミレーションも順調に進み、流れも良くなってきました。基本技、自由技、護身技、皆さん形がしっかりと出来上がってきました。素晴らしい。
高校生の会員の方が大会の横断幕、看板の文字等を得意の書道で仕上げて下さいました。拍手!


平成23年8月27日
演武会に向けての練習。練習に来ている人の取り組む姿勢は真摯で良いけど、集まりが良くないのが気になります。体調や用事でやむを得ない方も、各演武内容は伝えていますので、各自工夫して技を覚えておいてほしいところです。

平成23年8月13日
演武にあわせた基本動作、基本技、護身技の稽古をしました。護身技はやる女性陣もまだ手探り。
でも護身技は結構注目を集めるので、気合込めて取り組んでほしいです。だいぶ形は見えてきました。
稽古後、構成や細部について打ち合わせ。まだまだ問題は残っています、、、

平成23年7月23日
審査も終わり、気持ちを切り替え基本の稽古に勤しみます。臂力の養成をより時間かけてジックリやることにしました。やっぱりこれが身体を造る根本ですね。9月の演武会を見据えて、護身技の練習も始めました。

平成23年7月16、17日
審査当日 5級はいつもの見明川中学校にて。基本動作を再度重点的に稽古する必要あり。
2、3級の審査。、、、安藤先生から厳しい講評を頂く。指導法のより見直しを言い渡されました。
まあ、これも10周年の記念、一区切り。より良い稽古にモードチェンジするきっかけにしませう。


平成23年6月25
審査稽古は順調に進んでいます。昇級以上を受ける方には、初期に習得した技も決して簡単ではないので、気持ちを込めて行って頂きたいと思います。二段以上を受けるには、多人数捕り、武器技の仕手受けの自由技と幅が広いので、綿密な準備が必要です。

平成23年6月18日
本日も審査稽古です。受ける人たちの準備は順調です。細かな小さい動きに重要な基本が含まれていると思うので、そこを注意して動きたいところです。

平成23年6月11日
本日より審査稽古に入りました。黒帯の方々にも指導に回って頂いています。簡単な技、というものはないわけでゆっくりと丁寧に一つ一つの動きを行いたい所です。
一般の部では昇級以上の技を中心とした審査稽古となり、本日は肩もちの技を中心に。摺り上げの際に足幅広く腰を落とすことに留意すると、腰からの前進、肩による抑えが効く気がします。

平成23年6月4日
本日は横面打ちの技を中心に行いました。
(ファミリーの部)横面打ち三か条抑え二。動きの多い技ですが、一つ一つの動きを丁寧に行って頂きたい技です。応用で三ヵ条投げも。
(一般の部)横面打ち三か条抑え一立ち技座り技、横面打ち2か条抑え二を行いました。横面を受ける際に十分間合いをとることを心がけてもらいました。この日は同じく横面で短刀捕りを数本練習しました。

平成23年6月4日
正面打ちの技を中心に行いました。ファミリーの部では正面入り身投げと小手返しを一般の部では正面打ち側面入り身投げ二を稽古しました。この日は入り身による体さばきからの技を数本行いました。

平成23年5月14日
遂に見明川中学武道場での稽古を再開できるようになりました。御協力頂いた方々に心から感謝いたします。久
々のホームでしたが、かなり大人数の方が参加して下さり、活気のある稽古になりました。これからも皆さん、よろしくお願いします。
ファミリーの部では、二か条@、三か条@を行いました。締めたとき、移動するときの手の位置と形、最後の抑えにおける姿勢を強調しました。
一般の部では、本年度の審査規定技の幾つかを稽古しました。総会合宿で行われた規定技講習会に参加した方から教えてもらったポイントを強調してみました。

平成23年5月7日
本日も塩浜。今回は8名の参加。少しずつ活気が増してきています。片手持ち四方投げ二、正面打ち一か条二、正面打ち一か条投げを稽古しました。持たれたとき受けたときの姿勢、振りかぶり、回転をしっかり行うことを強調しました。来週はいよいよ見明川中学武道場での再開です。

平成23年4月30日
2ヶ月ぶりの見明川会としての稽古、ようやく再指導できました。稽古に来られた方、お疲れ様でした。
基本に返り、基本動作、一か条、四方投げ、二か条をを主に練習しました。ブランクがあった皆様も上手かつ元気で安心しました。
お借りした塩浜体育館柔道場は広く快適でした。5月一杯はお世話になりそうです。


平成23年3月5日
本日は見学者の方1名。中学生の会員さんのお友達とか。構えと基本動作を少し経験してもらいました。興味を持ってもらえたかな。
 (ファミリーの部)先週より続き審査稽古。皆さん動きが良いです。何人か審査を受けられそうです。
(一般の部)こちらも審査稽古。前半は後ろ技、後半は肩もちの技を主に稽古しました。肩による抑えはしっかり身につけたいところです。

 平成23年2月26日
(ファミリーの部)本日より審査稽古。基本の動きを丁寧に、小さい動きも雑にならないようにしたいところ。
大人の黒帯の方に各級の指導を担当してもらいましたが皆さん的確な指導でした。子供達もよく覚えてきてます。
(一般の部)本年度の規定技一連を復習しました。特に意識して頂いたのは、各動作の「抑え」。抑え、入り身、さらに抑え、と流れがあるのでそこも注意して稽古していきたいです。


平成23年2月13日は舞浜体育館にてジュニア合気道演武大会。当会からも古関鴻一君が出場しました。ただ一人の出場でしたが、当会代表として頑張ってくれました。気持ちのこもった演武を見せていただき感謝しています。 また一緒に練習できるのを楽しみにしております。
  応援に来て下さった皆様もありがとうございました。

  平成23年2月12日
(ファミリーの部)両手持ち天地投げ、片手持ち体の変更呼吸投げを行いました。
 天地投げは、ハノ字に入り身しつつ横に崩す所、膝の抜きで下に崩して抑える所を強調しました。
出来るだけ体の捻りがでないようにしたい。次第に皆さんいい形で出来るようになっていました。子供達は気持ちよく出来ると笑顔になりますね。
 片手持ち体の変更呼吸投げも、回転したときの抑えと、その後の開きを重視しました。天地投げとポイントは似ているためか、皆さんいい流れで動いていました。。この組み合わせで稽古したのは正解でした。

(一般の部)後ろ両手持ち一か条抑え一と二.を行いました。初めの後ろから持たれたときの抑えと、向きを変えていくときの手刀での抑えが重要と思うので、強調させてもらいました。



平成23年2月5日
本日は指導員の40歳の誕生日でした。後半戦もがんばります。それはさておき。
古関鴻一くんが本日をもってしばらく休会となりました。受験のため塾に行くことになるそうです。前回の岡村君と同じく会員さん皆と組んでもらいました。受験が落ち着いたら、、また一緒に稽古しましょう。鴻一くんはジュニア大会に出場するのでそれが本年度最後の合気道稽古になります。頑張ってほしい。

(ファミリーの部)片手持ち側面入り身投げと正面入り身投げ二を行いました。 
 体を捻らず「抑える」から「上げる」また「抑える」の流れを意識してもらいたく、繰り返し強調しました。大体、私が自分の稽古の際、先生に直される所だったりします。皆さん上手にできていました。

(一般の部)前回に続きジュニア大会の規定技を中心に行いました。今回は細かいことより、姿勢と回転角度、伸びのある動き等を意識して練習してもらいました。


                                              平成23年1月29日

(ファミリーの部)本日もって、岡村進司君が中学受験の勉強に入るため休会となりました。本年度最後ということで会員皆さん全員と組んでもらいました。受験落ち着いたら、また一緒に稽古しましょう。

技は横面打ち三か条抑え二。切り下ろし後の「引き」を、角度を気をつけて大きくしっかりやることを強調しました。つい流してしまいがちな小さな動きの中に大切な要素があると思われます。
後半は正面入身投げ応用版。回転後の脚の開きに重点をおきました。ぶつかって腕で押し倒す形にならないようにしたい。この動きは子供たちが結構上手くてきていました。

(一般の部)ジュニア演武大会にあわせて、出場者の古関鴻一君を交えて片手持ち2か条一、正面打ち小手返し二をやりました。
小手返しの踏みかえからの重心移動は難しいと感じました。踏みかえと乗せはできても、そこから向きをかえ伸ばしていく所はまだ自分の理解が足りないと感じます。

後半は正面突きの自由技の練習。決勝の技ですが鴻一くんにもとりあえずチャレンジしてもらいました。
苦戦するかと思いきや、組んでもらった荻野さんのアドバイスがツボを得ていたのか、すぐ大体の動きを覚えたようです。凄い。このまま楽しみながら自由技に取り組んでほしいところ。


平成23年1月22日
(ファミリーの部)肩持ち肘締め一と二を行いました。胸を張りその胸で抑えるように回る(締める)こと、肘と膝の位置が一直線上からぶれないことを強調しました。少年の部の審査では初段まで登場しないのですが、子供たちも上手に出来ていました。後半は正面打ち肘当て呼吸投げを稽古しました。
(一般の部)横面打ち小手返し一の立ち技すわり技を稽古しました。相手を伸ばしたときと小手を返したときに抑えを効かせることを強調して稽古してもらいました。意外と難しいのは小手を返す時の踏み込みかと感じます。後半は片手持ち肘当て呼吸投げと片手持ちの自由技を少し稽古しました。4、5本も覚えれば自由技はできるので楽しみながらドンドンやりしましょう   

                     

平成23年年1月15日
(ファミリーの部)正面打ち三か条抑え(一)と一か条投げを行いました。三か条では極めたときの相手と自
分の手の位置、について強調してみました。皆さん上手でした。


(一般の部)肩もちの四ヵ条一と二の立ち技すわり技。摺り上げたときの相手との角度、肘の使い方と強調
してみましたが、教えていても上手く体現するのは難しいと感じました。肩もちでの応用の投げ技も4本ほど
練習しました。