平成24年稽古日誌




平成24年12月23日
本日、24年度最後の稽古でした。冬の審査、受験された方々は皆合格されました。おめでとうございます)^o^(
今年最後ということで、前半は5、6級の基本技の抜粋、後半は有段の技を稽古しました。基本動作の稽古と意識をいかに技に活かすかを考え、指導してみました。
今年も、会員の皆さんに支えられ、有意義な合気道活動ができたと思います。会員の皆さん、そしてこの稽古日誌をたまに見てくださった皆さん、どうもありがとうございました(^O^)!!


平成24年12月15、16日
冬の審査当日。
15日の五級審査は私、竹田が行いました。受験者の方の稽古の成果と気合が十分出ていたかと思われます。審査後に、構え、基本動作の手足の位置、基本技のポイント数か所について講評させてもらいました。
16日の中央武道館での総合審査。当会からは3名受験しました。3級1名、1級2名。皆さん特に間違いもなく良くできたと思いましたが、安藤先生の講評は、やや厳しいもの、、、基本動作、特に臂力の養成による腰の安定を強化するようにというのが、共通した講評でした。私も指導法を工夫するよう言われました。何にしろ収穫の多い時間であったと思います。
 審査を受けられた皆さん、お疲れ様でした!!)^o^(

平成24年12月8日
審査稽古です。審査一週間まえ。受験される方はほぼ形ができています。細かいところは切りがないですが、あまり考えすぎて、良いところが出なくなるのもいけませんので、目につきやすい点のみ訂正させてもらいました。大きく動くところ、小さく鋭く動くところと正確に分けて、緩急つけて動けるように出来ると良いですが、これは指導員の私にも当てはまる課題です、、、

平成24年11月24日
引き続き審査稽古。皆さん頑張っています。本日の指導で強調したのは目線足幅目線によって意識が変わり、手足の位置、バランス、重心が変わることがあります。足幅の広狭で重心の位置と緩急も変わるのでこれも大事かと思います。各々、苦手な動きも気づき始める頃ですが、順調に準備は進んでいます。

平成24年11月17日
本日も審査稽古でした。昇級の方が主でした。全体的な動きは出来ていますが、目線、伸び、重心移動など気づいたところを微修正させてもらいました。苦手な動きもあると思いますが、良い感じに仕上がりつつあるのではないかと思います。安藤先生も仰っていますが、技に入る前の初動をしっかりしておくと流れが良くなるようです。

平成24年11月10日
総合演武大会も無事終わり、ファミリーの部も一般の部共に、冬の審査に向けた稽古に移りました。
審査を受ける皆さん、良い感じで技を修得しつつあります。指導に回る有段の皆さんも、基本の見直しをする良い機会になっています。まだ少し時間があるので、仕手のみでなく、受けの形も十分に修得して基本の技の理解を深めて頂きたいと思います。

平成24年11月3日
稽古はお休み。駒沢体育館にて総合演武大会に会員6名で出場しました!
開始早々3番目の演武。皆さん気合十分に演武してくださいました。号令の私が一番テンパっていました、、、日頃の稽古の成果を、皆さんと大きな場所で披露できて嬉しかったです。
 その他、支部長演武、模範演武等、大変勉強になることが多く、実りの多い一日でした。今後の稽古と指導に活かしたいところです。
 懇親会では、出席された当会の方々も、他所の会の先生や会員さんと交流を深められたようで、これも大きな収穫であったと思います。 皆さん、お疲れ様でした!!

平成24年10月27日
(ファミリーの部)
肩持ち二か条抑え@立ち技と座り技。肩を通じて腰、中心の力を伝える良い訓練になる技と思います。座り技も皆さん上手にできていました。後半は演武稽古。良い感じにまとまってきました。
(一般の部)
肩持ち三か条A、肩持ちを側面入身投げ@を稽古しました。肩を通じて相手を回す際に、まず腰を強く入れると相手との繋がりができて良い流れになると思いますので、そこを強調しました。難しい動きと思いましたが皆さん上手にできていました。後半は演武稽古。受けの形も検討しつつ総仕上げを。来週の演武、皆さん頑張りましょう!

平成24年10月20日
(ファミリーの部)
後ろ両手持ち一か条@Aを稽古しました。後ろ技は、背後の感覚を練る大事な稽古と考えます。目に見えない分、接した部分の力の流れを鋭敏に感じとる訓練にもなるとも言えます。後ろ両手持ち一か条は、@は頭を抜いたとき、Aは相手に向きをかえたときの腰の安定が重要と思いますので、このときの姿勢を強調して指導してみました。その他、両手持ち呼吸投げ。
(一般の部)
後ろ両肩持ち三か条抑え@Aを稽古しました。三か条の締めでは、横に回さず、持たれた肩に足腰の力を集中させる点を強調しました。切りおろしの前の腰の入れ、引くときの重心の下げ等も強調しました。
後半は演武稽古。いい感じで整っています。会としても、会員さん一人一人としても、良い経験値にしたいものです。

平成24年10月13日
(ファミリーの部)
両手持ち一か条@Aを稽古しました。両手持ちは相手との繋がりを意識しつつ動く良い訓練だと思います。切りおろしのときの腰の入り(臂力の養成)を強調しました。
(一般の部)
両手持ち天地投げ@を稽古しました。龍本部で最近稽古に取り入れられている入り身の姿勢と反復動作を強調しつつ稽古しました。後半は演武稽古。

平成24年10月6日
横面打ちの技を稽古しました。横面打ち四方投げ@、横面打ち4カ条@。横面の稽古は相手との位置関係と手の位置を気を付けることがポイントと思います。さばいた後、やや相手との間合いが遠くなり技がかかりづらいことが良くあります。ここをどう克服するかは指導員も研究中です、、、
他、横面打ち四方投げ崩し、座り技横面打ち肘締め@
一般の部)
同じく横面打ちで四カ条抑えA。回転する動きが多い技ですが、回る前に腰の力を十分に前に押し込んでおくことが特に大事と思います。
後半に、演武会に向け、団体演武の準備をしました。皆さんのお知恵もお借りし、大体の形は整ってきました。

平成24年9月29日
(ファミリーの部)片手持ちの技を稽古しました。片手持ち二か条抑え@とA。片手持ち呼吸投げ、片手持ち一か条投げ。座り技で片手持ち二か条@
片手持ちは、手を媒体としつつ如何に腕の力を使わず中心の力で技を行うか、を学ぶ稽古と考えます。本日は手の位置、指先の向き等を強調しました。
(一般の部)片手持ち肘締めA、片手持ち小手返しA 座り技で片手持ち肘締めA

平成24年9月22日
(ファミリーの部)後ろ両手持ちを稽古しました。後ろ両手持ち三か条@と後ろ両手持ち側面入り身投げA
後ろ技は、意識しにくい背中側の感覚を練り、かつ繋がりと誘導を良く意識する貴重な稽古と思います。
他に、後ろ両手持ち呼吸投げ。
(一般の部)11月の総合演武大会の団体演武の案を皆さんに提示をし了解を得ました。今後、出場される皆さんと試行錯誤して練っていこうと思います。

平成24年9月15日
(ファミリーの部)肩持ちの技を行いました。肩持ち一か条抑え@、座り技肩持ち一か条抑えA。肩持ちは、胴体の力を伝達させる、体の中心で相手の力を感じ取ることを修得する稽古ではないかと思います。
指導していても、片手持ちや正面打ち以上に難しさを感じます。胸の張りも肩持ちの稽古でより意識すべき点かと思われます。他は一か条投げ。

(一般の部)同じく肩持ちの技で、三か条抑え@とA。@では三か条で抑えたときの手の位置と相手との間合いと角度、Aでは引きの所を強調しました。他に座り技肩持ち2か条抑え。

平成24年9月1日
本日をもちまして、k田さんご家族3名様が当会より入船同好会に移動されました。6年一緒に稽古して頑張ってくださいました。入船でも楽しく頑張って頂きたいです(^O^)


正面打ちの技を行いました。
(ファミリーの部)正面打ち三か条Aを稽古しました。分解すると長い技ですが、一挙動全てに基本の大事な要素が込められていると思います。小さい動きほど丁寧に行いたいところです。
その他、正面打ち腕がらみ投げ、座り技正面打ち一か条抑えA(回転するときの膝の立てるタイミングは、この後で稽古した肘締めAも同じと思われます。)

(一般の部)正面打ち側面入り身投げ@Aを稽古しました。一か条等とは違い、相手を前に出させる誘導がポイントかと思います。
後半に、正面打ち一か条Aの、入り身で入り抑える応用版を稽古しました。上手くいくと気持ち良い)^o^(
皆さん上手でした。自由技の体サバキもこんな感じでできると良いかと。
その他、座り技正面打ち肘締めA


平成24年8月18日
両手もちの技を行いました。
(ファミリーの部)主として、両手持ち天地投げを稽古しました。天地投げは、合気道創世期においては基本動作の位置づけにあったほど大事な技です。その重要性は安藤師範の著書にも記されています。入り身の足さばきと姿勢、下の手の位置を強調しました。天地投げが上手にできると、他の多くの技も上手にできるようになるのではと思います。その他、両手持ち呼吸投げ、両手持ち呼吸法@

(一般の部)両手持ち小手返し@Aを稽古しました。小手の返し方が、他の小手返しと比べて特徴的です。手だけでなく体幹の動きとの連動が大事かと思います。その他、両手持ち呼吸投げ、両手持ち呼吸法C

平成24年8月11日
横面打ちの技を行いました。(ファミリーの部)横面打ち三か条抑え@の立ち技と座り技。横面の打ち方と受けの正しい(望ましい?)崩れ方を強調して練習してもらいました。横面打ちの技は、仕手と受けの位置関係と間合いがとても大事と思います。
 今後、受けを正しい崩れ方については毎回説明していくつもりです

 受けは、ただ仕手にやられる人ではなく、仕手と一緒に技を完成させる相方であり、仕手の力を感じ取り仕手の動きを100%とらえる訓練をしているものではないかと思うのです。合気道の稽古を楽しく行うコツもここにあるのではないかと、、、
(一般の部)横面打ちの四か条A、四方投げ崩し、座り技で肘締め@を行いました。

平成24年8月4日
(ファミリーの部)
片手持ちの技を中心に行いました。片手持ち側面入り身投げと片手持ち体の変更呼吸投げを稽古しました。
(一般の部)同じく方手持ちの技。片手持ち四か条抑え@立ち技座り技を稽古しました。
平成24年7月28日
夏の審査の結果発表。審査を受けられた皆さん、全員合格されました。おめでとうございます)^o^(

本日より普段の稽古に戻りました。稽古のスタイルをこれまでとやや変えました。受け身と基本動作の練習を多めになりました。基本技の稽古も、仕手と受け両方を一つの型として身に付け上達を目指したいと思います。

平成24年7月14日
ファミリーの部、一般の部ともに審査稽古。模擬審査も行いました。良い仕上がりなのですが、うっかり動作を飛ばしたり方向を間違えたりする場面もあり、少し冷や冷や、、、落ち着いて丁寧に行えば大丈夫と思うのですが、、、。
 審査稽古にあたり、もう少し稽古を積んでスムーズに動けるようになってからの方が良いのでは、と思い審査も保留を薦めさせて頂いたりもしました。審査を受けるといった子に、厳しい発破をかけ過ぎてしへこませてしまったりもしました。普段の合気道の稽古の節目節目に審査は存在します。その意味を指導者として良く考えなくてはならないと思いました。
 何より稽古する方が稽古を終えて、収穫を得て気持ち良く帰宅できるようにしてなくてはと。私が安藤先生の指導を長年受けてそうさせて頂いたように。


平成24年7月7日
夏の審査が近づいてきました。受験する皆様は気持ちを込めて頑張っておられます。審査を受けない方も
受ける人に協力する形で稽古に励んでくださっています。本当にありがたいと思います。
 審査と昇級昇段自体が稽古の目的ではありませんが、審査では、多くの人の協力があり経済的出費があり何より多くの人の目にさらされ冷徹に評価される点で、普段の稽古と違います。一定の技術に集中し得意分野とする良い機会ですので、楽しみながら色々工夫研究もしながら稽古に励んでみてはいかがでしょうか。

平成24年6月16日
本日より夏の審査に向けた稽古に入りました。審査を今回受けない方も、何かテーマを設けて稽古に取り組んでみてください。

平成24年6月9日
(ファミリーの部)肩持ち肘締め@Aを稽古しました。肘締めは体幹の力をうまく相手に伝えていくことを学ぶ
大事な技と思います。動きは少なく小さいですが、構えや基本動作の熟練度が図られる技なのでじっくり稽古したい技です。初めて覚える方もおられましたが、いい感じで手順を修得されていました。

(一般の部)肩持ち一か条@Aを稽古しました。肩持ちは接触している体軸の力をしっかり伝達させて相手を崩す技術を学ぶ重要なものと思いますが、本当に難しいと思います。しかしこれができれば、他の技も含めより合気道が楽しくできるのでは、と思います。基本動作を良く分析して練ってみることがコツの発見になるような気が、、、。指導する側として勉強が必要と感じました(ー_ー)!!、、、、、

後半は、31の杖も稽古してみました。会として稽古の幅を徐々に広げていきたいと思います。私も勉強してきます)^o^(

平成24年6月2日
(ファミリーの部)三か条Aを中心に。初めに正面打ち三か条Aを復習。その後に後ろ両手もち三か条@Aを練習しました。動きが多い技ですが、一つ一つの動きに、構えと基本動作につながる大事な意味があるので、じっくり丁寧に反復したい技です。皆さんよく覚えて上手にできていました。

(一般の部)正面打ちの技を中心に。正面打ち4か条、そして正面打ち小手返しAと正面打ち入り身投げAを行いました。正面打ちは、初めの振りかぶりと打ち込みがしっかり出来ていることが、次の誘導につながるものと思われます。臂力の養成で養った地力をしっかりここで出していきたいので、強調しました。


平成24年5月13日
春の浦安市合気道演武大会当日。出場された皆さん、お疲れ様でした。みんな気合入れて頑張ってくださいました。多くの人と一緒に、また多くの人の観ている中で稽古の成果を発揮するというのは、普段の稽古ではできない経験であり、財産だと思います。今後、稽古を楽しんで続けていただく良い節目になっていれば嬉しいです。また、これから取り組んでみたいことが今回の演武で見つかったなら、どんどん仰ってください。

 養神館合気道龍大阪の皆さんと一緒に)^o^(  後列右から2番目が村川先生です。撮っているのが私




平成24年5月5日
本日は来週13日の演武会にむけての稽古になりました。
各自の分からない技を検討し、皆さん一通り覚えてもらえたようです。
もっとも出場者全員での演武は、来週になります。まだまだ不安要素は多いです。

稽古も演武も自分一人ではできません。間違えるのは構いません。
稽古相手への敬意と思いやりが大事です
演武本番ではそこを大事にして頂きたいと考えております。


平成24年4月21日
本日は、稽古の後に春の審査に合格された方々の記念撮影を行いました。山本さん、里歩子さん、、藍さん、改めておめでとうございます。これを機にもっともっと合気道を好きになって楽しんで稽古してください)^o^(

(ファミリーの部)演武に出る方は出場種目の技を、出ない方は5、6級の基本の技を稽古しました。仕手受け両方を良く覚えて稽古をするのが大事です。
(一般の部)演武科目の中の有段者向けの基本技を練習しました。難しい技が多いですが、一挙動ごとの意味を考えつつ慎重に研鑽していきたいものです。

平成24年4月7日
24年度最初の稽古。たくさん集まってくださいました。5月の演武会に向けた稽古が中心になりました。演武稽古は特定の技を集中的に練ること、自分なりにテーマを設けること、で大きな収穫があります。好きな技、得意な技を見つけてみるの良いです。演武に出ない人もいくつかの技を集中して練習して練り上げてください。
 稽古後は久しぶりにスポーツクラブの倉庫兼事務所で打ち上げ(お食事会)をしました。楽しかったですね。


平成24年3月31日
本日は23年度最後の稽古でした。春の審査ですが、少年1級、一般3級、2段すべての受験者が合格されました。おめでとうございます。より一層、合気道を好きになり上達していただくことを期待しております。
(ファミリーの部)6〜4級の審査の規定技を皆で総復習しました。細かい注意点はありますが、まずは大きく伸び伸びとつっかえずに動けることが最前提です。その点では皆さん大丈夫でした。
(一般の部)5月の演武会の基本技Dを練習しました。どの技も難しいですが、各技に、修得してほしい核心部分があると思われます。その部分を私なりに強調して指導してみました。

平成24年3月25日
本日は少年1級の審査を行いました。
藍さんは先週の練習時と比べ格段の上達ぶりを本番で見せてくれました。受けの慧さんも頑張って良い受けを取ってくれました。気持ちのこもった良い技ができれば、見ている人も、稽古する本人もお互いに気持ちも良いものです。今後もそうした稽古をしてもらえると嬉しいですし、そうできるよう私も努力します。
また、肥田野さんが受験のため、本日をもって休会となりました。お疲れ様でした。受験勉強頑張ってほしいです。10周年演武会での横断幕の書道文字、本当にありがたかったです。

(ファミリーの部)片手持四方投げ@、正面打ち一か条抑えA、片手持ち二か条抑えAを行いました。
抑えがしっかり効いているかを要所で確認してもらいました。正しい姿勢と正しい手足の位置ができていれば、いい感じで、子供でも大人を抑えられますね。
(一般の部)23年度の昇級以上の審査規定技を稽古ました。各規定が、何を修得させようとしているのかを考えつつ稽古するのが大事かと思います。良い復習ができました。

平成24年3月18日
中央武道館。昇級及び有段審査当日です。受験された里歩子さん、山本さん頑張りました。緊張されていましたが、気合も乗っており十分に稽古の成果を出せたと思います。技は間違いもなく正確で丁寧でした。結果発表はまだですが、お2人とも胸を張って稽古の成果と今の実力に自信を持っていただきたいと思います。それにしても有段の受けシンドかった、、、。悔いがあるとすれば、有段の審査で、私が風邪で元気な受けが取れなかったことですね、、、多人数取り受けの荻野さんもお疲れ様でした。

平成24年3月10日
ファミリー、一般の部ともに審査稽古でした。
受験者の皆さんは技の習得はスムーズに進んでいるようです。さらに意識しておいてほしいのは、技と技の切れ目のところです。仕手受け交替の際の構え、接近して技を始めるまで、そして技が終わってから元の位置にもどるまでの相手への目線、こうしたことに気を付けると、相手との繋がりが意識でき、より良い技ができ、より合気道の面白さが分かると思うのです。

平成24年2月18日
(ファミリーの部)入門されたお二人には、体の変更@A正面打ち一か条を覚えて頂きました。黒帯の会員の方に指導をお願いしました。いい感じで覚えてもらえたようです。最初に学ぶ、一見地味な技ですが、私も未だ苦手意識が抜けない、難しい技です。焦らずゆっくり修得してほしいです。
その他の方々は正面打ち小手返し@と正面打ち肘締め@を指導しました。どちらも姿勢と手の位置がポイントと思います。実際抑えが効いているか、要所要所で確認してもらいました。思ったより早く覚えてくれました。ちなみに小手返し@は私も好きな技です、、、

(一般の部)有段の技を主に行いました。後ろ技を多く行いました。有段にもなると、各技が何を修得させようとしているのか、を意識して稽古するのも大事かと思います。後ろ技は背後の感覚を練ると同時に、大きな誘導と、肩、肘の感覚を練り大きく動かすことを修得するのが目的てはないかと思います。難しい技が多いですが、順調に進んでいます。
平成24年2月11日
 少年演武大会お手伝い及び合同錬成会参加のため、当会稽古はお休みでした。
少年演武大会、入賞してきた子供達の動きには「さすが、、」と感じるものがありました。大人顔負けの鋭い杖さばきをする子もいたし、、、姿勢、動きの柔軟性といい子供も熱心にやればここまで動けるものだと感心しきり。 
 もっともウチの会の子供達(OBも含め)もマイペースな取り組み方も好きです。とにかく、合気道を好きにさせ、熱意とやりがいを持って取り組ませる工夫もしなければ、、、と感じました。
合同錬成会には、当会の会員さん達4名も参加しました。皆さん良い刺激を受けられたのではと思います。

平成24年2月4日
(ファミリーの部)
新しく入会されたお二人には構え、受け身と基本動作数本、そして四方投げを覚えてもらいました。まだ覚えられなくても、徐々に馴染んでいきますので大丈夫。当会の指導員も会員さん達も皆そうでした。

横面打ち四方投げを行いました。横面打ちはどの技でも難しいと思いますが、四方投げにおいては特に回転による誘導とタイミングが難しい、、、仕手の方が先手を取って受けを誘導していくつもりで行うと良いと思います。だんだん皆さんも慣れていったようです。

(一般の部)有段の技を中心に行いました。両手もち、後ろ両手もちの技を中心に行いました。
二級の古関さんは初めてやる技が多いと思われましたが。昇級審査で苦労した成果か、修得が驚くほど速いです。やはり継続と苦労は確実に身になります。山本代表も覚えが早いです。当方も指導しつつ発見が多くあり、収穫でした

来週は、養神館合気道龍の少年演武大会のお手伝いのため、稽古はお休みです。

平成24年1月28日
(ファミリーの部)見学者の方もおられ、少しだけ体験もしてもらいました。楽しんで頂けたのではと思います・
片手持ち二か条@、肩持ち一か条A、横面打ち腕からみ投げを行いました。それそれの技について、理合に沿った動きを皆さん出来ていまして感心しました。通して行うのも良いのですが、時々、要所で「抑え」が効いているかを受けの人とチェックしてみるのも良いかと思います。

(一般の部)有段の技を中心に行いました。普段あまりやらない技が多いことに気づき、猛省しました。各技が何を気づかせ、何を修得させようとしているのかを良く考えてみたいと思います。

平成24年1月21日
(ファミリーの部)横面打ちで三か条一と二か条2を行いました。横面打ちを仕手と受けの位置関係や間合いが難しく、受けも正しく横面を打たないと、正しい形になりにくいです。横面打ちを学ぶ目的は、相手と呼吸を合わせることと誘導による崩しを修得することではないかと思います。
(一般の部)三か条の技を主に行いました。三か条を極めたときの手首の形と、切りおろしたときの腰の向き
を強調しました。

平成24年1月7日
本年度の当会最初の稽古。皆さん元気に動いておられました。最初に畳を使った鬼ごっこ、及び私が鬼になり、正面打ちでかかっていき、ランダムに基本の技で反撃してもらうというゲーム?をやりましたこれをやるのは久しぶり。それでも審査稽古の成果でしょうか、皆さんの動きが一味違っていました。
(ファミリーの部)。一か条Aと四方投げAを行いました。年明け、伸び伸びと動いてほしかったので回転系にしてみたわけです。予想以上に皆さんの動きが良く、驚きました。後半は一か条投げと四方投げ崩し。回転と残心を強調しました。手ごたえは十分です。一つ気づいたのですが、人によっては仕手受けの組み合わせによって本領を発揮するしないがあるような、、、それもまた面白いですね。
(一般の部)片手持ち二カ条@、正面打ち三か条@四ヵ条@、片手持ち側面入り身、正面打ち正面入り身投げの基本技五本を行いました。仕手と受けの位置関係。極めたときの手、肘。肩の位置、抑えの姿勢を強調しました。
自由技の練習では、入り身を意識したサバキを練習しました。難しいですが、上手くできるとより楽しく動けると思います。