平成26・27・28年度稽古日誌 




平成25年2月10日以降の稽古日誌は、上記のブログにて記載しております。

2月3日
本日から、基本技の稽古に加え、審査稽古に入りました。
(ファミリーの部)
片手持ち二か条抑え@を稽古。二か条の形に持ちながら摺り上げて、相手の重心を崩していく点を強調してみました。後半は各自の審査稽古を行いました。
(一般の部)
横面打ち四か条抑え@、横面打ち三か条抑えAを稽古しました。
横面打ちを受けた手を使い腰の力で、相手の重心に効かせ突きあげる点を強調して指導してみました。この点が上手くいくと、次の切りおろし等の流れが良くなると思います。

1月26日
本日は「肩持ち」の技を稽古しました・
(ファミリーの部)
肩持ち肘締め@、肩持ち側面入り身投げ@を稽古しました。
初心者の方もいらしたので、難しいと感じたたと思います。
肩持ちの技は、構え、基本動作基本技せである程度練った腰の力中心の力を相手との接触面に集中する感覚を修得する稽古と考えます。「肘締め」という技は正にその修得を目的しているのではないかと思われ、あえて審査では「4級」というやや進んだ段階で登場する意味は深いと考えます。
(一般の部)
肩持ち三か条抑え@立ち技座り技、肩持ち三か条抑えAを稽古しました。
先の赤字の要点に加え、三か条における締めの手の形を強調して指導してみました。

1月19日
本日は正面打ちの技を稽古を行いました。
(ファミリーの部)
正面打ち一か条抑えA、正面打ち三か条抑え@、正面打ち小手返しAを行いました。
同じ正面打ちでも、一か条や三か条は肘、肩を突きあげ丸く返して崩しますが、入り身投げは受けの力の線をそのまま活かして引き込み入り身の形を取りますその明確な区別を強調してみました
(一般の部)
正面打ち四カ条抑え@立ち技と座り技。正面打ち入り身投げ@を行いました四か条は抑えの手首の密着と返しを、入り身投げでは、受けを入り身で引きこんだ後の、上から下への力の流れと肩の密着を強調しtました。入り身投げの応用技も行いましたが、基本の感覚が活きて、皆さんとても上手にできていました
 
1月12日
本年最初の稽古です。6級5級の技を中心に行いました。
片手持ち四方投げ@、正面打ち一か条抑え@、正面打ち入り身投げAを稽古しました。初級の技ほど難しいと改めて思います。四方投げでは持たせた手首の密着を一か条では仕手と受けの手首の形と向き入り身投げでは相手の力の線を十分に活かして呼び込む点を強調しました。
 今年も基本を大事に、理合いを突き詰めつつ、会員の皆さんと稽古に取り組みたいと思います